どんなにスリッピーな場面でも絶対に滑らない男、マッサエンタープライズ代表、三船雅彦さんの参加が決定しました。グリップ力抜群のトークと走りで、みなさんを魅了します。

主な経歴
中学生のときにテレビで見たツール・ド・フランスに憧れ、京都の花園高校入学と同時に本格的に自転車競技を始めインターハイや近畿大会等で入賞し頭角を現す。高校卒業と同時にオランダへ単身自転車留学し、94年よりプロ登録しプロロードレーサーとなる。ツール・ド・フランドルに日本人としてはじめて出場、翌年にはリエージュ~バストーニュ~リエージュと言った当時のワールドカップ対象レースはじめ、世界主要レースも経験する。

世界最高峰のクラシックと言われるツール・ド・フランドルには2回、リエージュ~バストーニュ~リエージュには3回選抜されている。
2003年より国内の名門チームであるミヤタ・スバルで活動。当時の世界チャンピオン(タイムトライアル)のデービット・ミラーや
トラック競技の世界チャンピオン、オリンピックチャンピオンを退けた。
またマルコポーロのメンバーとして2004年にはツアー・オブ・サウスチャイナシーでは第2ステージで区間賞以後4日間リーダージャージを守り、ポイント賞でも3日間リーダーとして注目を浴びる。

2006年には95年以来のナショナルチームメンバーに返り咲き、アジア選手権に出場。チームロードで銅メダルを獲得。
2007年にマトリックス・パワータグ・コラテックへ移籍。

2008年シーズン最初のレース「ツアー・オブ・タイランド」第2ステージをゴールスプリントで制して3年ぶりのUCIレース勝利。
38歳11ヶ月でゴールスプリントを制し、当時の日本人最年長UCIレース勝利を記録する。そして2008年を最後に現役を引退。

引退後の2011年にはブルベの最高ともいわれるフランスのパリ~ブレスト~パリ(以下PBP)に参加、53時間16分で完走し日本人選手の記録を更新する。
2015年にも再挑戦、前回の記録を大幅に更新し43時間23分で完走を果たす。
現在は各地でイベント参加や開催、スクールの開催に講演会、テレビ解説や雑誌執筆などの他にも愛媛県のコーチや忙しい日々を送っている。

2019年は3度目のPBP参加を表明しています。

関連URL:http://massaenterprise.com/