富士チャレンジ200を走る、みなさんを応援する心強いレジェンドライダーが決定しました。

oishisan

3年連続、シクロオオイシ ラヴニール代表、大石一夫さんの参加が決定しました。
2017年の富士チャレでは、噂では200km以上走ったらしい!?

1980年代から90年代にかけて、自転車レース界を風靡したトップロードマン。日本国内のビッグレースのタイトルを総なめにし、自転車レース史に輝かしい戦績を残しています。また、日本国内のみならず世界のレースにも果敢に挑み、つねに積極的な走りで前に飛び出す戦法によって「逃げの大石」の異名を取り、数多くのレースファンを魅了してきました。

【大石さんの主な戦績】

1986年 ツール・ド・ラヴニール日本代表。やんばる国体(沖縄)ロード優勝

1989年 はまなす国体ロード優勝(北海道)、ツール・ド・北海道個人総合優勝、ツール・ド・おきなわ優勝、アジア選手権代表(インド)

1990年 全日本選手権優勝(ロード、ポイント)、世界選手権代表(宇都宮)、アジア大会代表(北京)

1991年 世界選手権代表(シュツットガルト)1993年全日本選手権ロード優勝。世界選手権代表(ノルウェー)

1994年 広島アジア大会代表

1995年 福島国体ロード優勝

大石さんのショップです:シクロオオイシ ラヴニールHP:https://www.oishijyuku-lavenir.com/