今年の富士チャレンジ200には、レジェンドライダーが集結し、走りとトークでみなさんのチャレンジを盛り上げます!

7人目、最後となるレジェンドライダーは安藤康洋さんです! ロードとトラックで世界選手権代表として活躍。91年に樹立した4kmパシュートの記録は20年間破られなかったというタレント性を持った選手でした! その当時のお話も解説席で話していただきます!

安藤

 【安藤さんの主な戦績】
自転車競技の強豪校、古川学園高等学校で自転車競技に取り組む。
1990年 日本 前橋世界選手権 4kmパシュート代表
1991年 ドイツ シュツットガルト世界選手権 4kmパシュート(4分36秒570・日本記録時樹立 およそ日本記録を20年間保持)、チームパシュート代表、アマチュア個人ロード代表
1992年 バルセロナオリンピック チームパシュート代表
1993年 ノルウェー・ハーマル世界選手権 チームパシュート代表、オスロ世界選手権 アマチュア個人ロード代表
1994年 イタリア・シチリア世界選手権 アマチュア個人ロード代表

■チーム遍歴
古川学園高等学校
チームミヤタ
ダイワ精工
YOU CANスペシャライズド
現在はスペシャライズド・ジャパン合同会社 BUSINESS DEVELOPMENT TEAMに所属。